来てくれた方に感謝を伝えるお葬式

生涯の中で、何度もお葬式の喪主になることはありません。ほとんどの人にとり初めて経験することで、当然不安を感じることになります。ですが、お通夜や、葬儀で行う必要があることは葬儀社のスタッフが丁寧にレクチャーしてくれますし、喪主が挨拶するときの原稿には定型文が用意されているため、難しく構える必要はないです。そして、大事な人を亡くしてしまった悲しい気持ちでいることは参列する人や、弔問する人も充分に理解しています。ですので、来てくれた方に感謝を伝えるのは無理しない程度で構わないですが、葬儀に来てくれたり、手伝ってもらった人に対する感謝することを忘れずに、心を込めた応対をする必要があります。通夜ぶるまいや、精進落とし、返礼品という形で来てくれた方に感謝を伝えるのが一般的です。

弔問してくれた方に対するおもてなし

弔問は、故人の遺族のもとを訪問してお悔やみの言葉をお伝えすることになります。亡くなってしまった方と生前に親しくしていた人が訃報を知って、お通夜を執り行う前に訪ねてきてくれるときや、お葬式に参列することができなかった人が自分の家に訪問してくるときがあります。弔問する方が訪問してきた場合は、自分の家に迎え入れて、お線香をあげていただくようにご案内をしますが、わざわざ見送りする必要は必ずしもある訳ではないです。喪主は特に亡くなった方に付き添う必要がありますので、見送りは世話役の方や、親族の方に任せる必要があります。喪主は悲しい気持ちの中にいる上に、葬儀を手配する作業などで忙しいので、おもてなしはできる範囲で問題ありません。弔問してくれた方に感謝の気持ちを示し、丁寧に対応することを心がけるようにします。

精進落としや通夜ぶるまいで感謝を伝える

お葬式は慌しく、喪主は特に周囲の人に気を配るような気持ちの余裕がありませんが、少なくとも参列してくれた人に対する感謝することは忘れないようにする必要があります。精進落としの料理や、通夜ぶるまい、返礼品などについては、家族と前もって相談しておいて、葬儀社に依頼しておく必要があります。精進落としや、通夜ぶるまいには、亡くなった方を供養する意味合いだけでなく、参列してくれた方をねぎらうという意味合いもあります。精進落としでは参列者に感謝の気持ちを伝えます。お通夜のお焼香と、お経をあげることを済ませたら、参列してくれた方に食事や、お酒をふるまいます。この儀式が通夜ぶるまいになります。参列してくれた方に対するお清めや、お礼の気持ち、亡くなった方を供養する意味合いがあります。