好きなことに囲まれたお葬式をイメージする

故人とのお別れ会は派手すぎず、あまり悲しいイメージになりすぎないのが理想です。故人が生前に活躍されたことで何か思い出があれば、それを写真や生前の作品など形あるもので参列者に伝えることが出来るのが良いです。それが、好きなことに囲まれたお葬式のイメージです。二度とないお別れ会だからこそ、故人にとって意義のある参列者のメッセージなどで故人を偲ぶことが出来ると理想です。特に、お別れ会の参列者の代表としての挨拶で、故人の生い立ちや最期の状況(周囲の人との関わりなど)を詳しく参列者に伝える事が出来るのが良いです。故人とのお別れ会は、生前に社会で活躍された土地で関わってきた人たちにも良い人生を歩んでもらいたいという故人からのメッセージが発信されているイメージが浮かびます。

お葬式は故人と遺族などの関係者との挨拶をイメージさせる会です

故人とのお別れ会は、生前お世話になった数多くの人との最後の挨拶をする場です。楽しかったこと、頑張ったこと、世の中のために尽くしたことなどいろいろなことを思い出しながら、故人に挨拶という形で見届けるのが一般的なお別れ会です。お別れ会は、いろんな人の支えがあって、社会で多くのことに貢献して無事に人生を終えた故人を偲び、一つの区切りをつけるという意味があります。そこには遺族など残された人たちもいつまでも振り返ることなく、安心して前を向いて人生を歩めるようにという、故人からの願いが込められています。いつかは誰でもたどる人生の行き着く先に、お別れ会を通して一人でも多くの人に見届けてもらうことで安心して天国に行かれ、先祖代々にいつまでも見守られるのが理想です。

お葬式は故人が望む形式でやるのが理想的です

故人とのお別れ会は、自然葬、家族葬などいろいろありますが、故人の生前の希望があれば、それをかなえてあげる事が大切です。故人も思い残すことなく、安心して天国に行かれるように、出来るだけのことをしてあげるというのが残された人たちの役目です。昔と違って、今は故人の骨を海や山にまき散らすなどの自然葬などが増えてきて、故人の最後の依頼を実現させることでお世話になった地球に恩返しをするという考え方が広がっています。誰もが人との関わりを体験してきたからこそ、最後ぐらいは是非、故人の希望をかなえてあげたいという考え方や気持ちを尊重できるような時代になったと言えます。今後は、もっとお別れ会の形式などが多様化し、その人らしい一生の最期を見届けることが出来るようになっていくことでしょう。